FXの目標年利率は10%、投資信託の目標年利率は5%、老後用長期分散投資の記録を綴ります。ネットでの得する情報も!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日に引き続き、円高が止まりませんねー。

NZドル、「底」はまだなのでしょうか?

ココポレ家はまったりスワップ生活に突入。

「もしかして、追加資金が必要なの?もう余剰金Nothingっ!」

と、ココ(妻)が本日も吠えております。

マージンコールについて書いてみます。

例:ココ(妻)が2/6にセントラル短資オンライントレードにて、1NZドル=81.50円で1万NZドルを買いました。

セントラル短資オンライントレードのNZドルの必要証拠金は、現在の1NZドル=77.50円として計算しますと、

77.50×10000×0.06(←NZドルの場合、証拠金率が6%です、取り扱う通貨によって異なります)

=46,500円

さらに、マージンコール(追加証拠金発生)は、必要証拠金の75%ですから、

46,500×0.75=34,875円

よって、為替差損により、口座残金が34,875円を下回ると、マージンコールが発生します。

マージンコールが発生した場合、追加証拠金を入金するか、反対売買により、ポジションを縮小しなければなりません。

2月22日時点でのココ(妻)の口座残金は、120,628円

では、いったい、NZドルがいくらになったら、マージンコールが発生するのでしょうか?!

数学的に、1NZドル=x 円とすると、

120628-(81.50-X )×10000=34875

これを解いて

X =72.93(小数第3位を切り上げ)

手数料が発生しますから、73円台になってくると要注意です。

2月6日に81.50円で購入し、2月23日に77.20円まで下落。

まだまだ、下落が続きそうな勢いです。

スワップ狙いですから、当然、こういうことも想定していましたが、なにしろ、「30万円で1万通貨を購入」という余裕ある計画から、実際に始めてみると「46万円で4.1万通貨のポジション」になっちゃいました。。

ポジションを積極的にとることも大事ですが、スワップ狙いの基本に立ち戻り、余裕ある取引をしなければいけませんねー。

もし、ポジションが飛んでしまっても、よい勉強になりました。そうならないことを祈りますが(汗)

まだ、FXを始めてない方たち、今の円高は絶好のスワップ狙いポジションが作れる局面ではないでしょうか。

どこまで下がるか、見極めてからがよいのでしょうがー。

そして、今現在は、

1日=625円のスワップがついているのだー。

しかーも、本日は、セントラル短資オンライントレードは3日分ついているようす。

1ヶ月では、625×30=18,750円

取引できなくても、なかなかいいぢゃないですかっ!

ねっ!!

負け惜しみぢゃないよー。

きっと、明るい未来は待っているのだぁー。

「白夜行」見ていると、主人公2人のあまりの哀しさについ応援したくなるけど、でもやっぱり、罪を犯したら未来は明るくないですよね。

さて、ココポレ夫婦は、今夜は、早寝します。

明日4時半に起きて、トリノオリンピック見るのだー。

ショートプログラムで既に感涙したけど、フリーではどんな感動をもらえるかワクワクしますね。

円高レートとはちょっとおさらばじゃー。

ランキングに参加しています。よろしければ、応援ください。

外国為替サイトランキング投資一般の人気ブログランキングに参加しています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cocopore.blog43.fc2.com/tb.php/54-8f38ec44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ユニーク  トータル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。